古本屋の始めかた:神奈川古書組合より

2月度のセミナーが諸事情により延期となりました事を
お詫び申し上げます。
つきましては2月度の内容を今月の内容として
実施致します。

費用は無料ですので是非ご参加をお待ちしております。

 

日時:3月25日(金曜日)

14:00-16:00

場所:神奈川古書会館 3F 会議室

 
今月のテーマは「日本の古本屋でのネット販売」


「日本の古本屋」は全国古書組合のみが参加できるネット販売サイトです。
このサイトの利用方法・効果的な販売方法のご紹介を致します。

https://www.kosho.or.jp/


予定内容
 

古書店開業のビジネス形態(実店舗・ネット・催事)
組合組織・入会メリット・入会方法
③今月のテーマ「日本の古本屋でのネット販売」
模擬入札の体験・実際の入札風景(youtube
質疑応答
交換会会場見学


ご注意 
セミナー内容は参加者の人数・ニーズにより変更する場合がございます。


『参加方法』

 

*申し込みのための必要情報

・お名前

・ご住所

・現在の状況(例:勤めながらネットで古書を販売している。古書店を専業に検討中)

・電話

・メールアドレス

 

*お申し込みは下記のどちらかでお願い致します。

メール

kanagawa_kosho@bg.wakwak.com

 

電話

045-322-4060  (月または金のみ 10001700

こんにちは!ねこまんま堂(相模支部)です。
すっかりご無沙汰しておりました~
 
今回は、ネット販売では欠かせない送料のお話です。
 
ネットで書籍を販売するとなると、毎日毎日、多数の発送を行うことになり、
割と単価の安い商品を販売していれば尚更のこと、ものすごい数となります。
かくいう私は、特にジャンルを選ばず「何でも売る!」の精神でやっていますので、
相当な数の発送業務をこなす日々。。
 
そこで、疎かにできないのが「送料」
お客様に送料をご負担いただく場合は、その差額、
送料込みで販売する場合は、いかに安く送るか。
それが、商品代金にプラスされる利益となるわけです。
(もちろん、確実に商品が届くという信頼が一番なのは言うまでもありません。)
 
かといって、高い送料をお客様に請求するのはご法度。
お客様の方でも送料の「相場」というものを良くご存じで、当然のことながら
ネットで購入しようという方は、同じものならば、なるべく安い送料の商品を
選択するものです。
 
ここで私が心がけていることは、お客様には相場よりも安い送料で提供し、
かつ、こちらにも利益を生む送料の設定。
これが、理想的だと思っています。
 
もうだいぶ前のことになりますが、私は某宅配便業者のメール便を
利用していました。
送料の値引きもあり、信頼のある会社ということで、長年のお付き合いでしたが、
数年前、配達のトラブルが続き、その時の対応も満足いくものではありませんでした。
 
ちょうどその頃、メール便では発送できない商品を、毎日近くの郵便局まで
出しに行っていたのですが、すっかり顔なじみになった局の所長さんに
「毎日これだけ発送されるのなら・・」と、お声をかけて頂きました。
 
そして、「特約ゆうメール」等 (送料の割引・毎日の集荷・料金後納) の
契約をさせて頂いたのです。
 
内容や料金等は、こちらのHP(郵便局)を参考になさってください。
 
最初は、利用していたメール便の送料より若干安い金額の設定からスタートし、
それから毎年、年間の発送実績を元に交渉を重ね、営業努力を続けてきました。
消費税増税の際にも、特約部分に関しては、ネットで掲載している送料を
変更しなくても良い程度の幅がありましたので、かなりの事務処理が
軽減されました。
 
ひとつひとつの送料の差額は、大した金額ではありません。
けれど、塵も積もれば山となる!
送料が安ければ、商品も売りやすい。
細かく稼ぎ、全体の売り上げアップに貢献するのが、送料の設定だと思います。

このページのトップヘ