香博堂オンライン



 私は、前職までかれこれ20年近く、建設業の施工や管理を行う会社の社員として働いておりました。

現場での作業はあまり苦ではありませんし、給料もそこそこ。

しかしながら、体が資本の商売です。

気が付くと私もあと10数年位で60歳。

「60歳まで続けられるかな・・。」なんて思っているときに、親父が倒れます。

命には別状なかったのですが、介護が必要で、母親だけでは心もとないと、実家の熊本から姉の住む福岡に引っ越すことになりました。

その時に処分に困ったのが、父の蔵書です。

親父の本を何とか処分するために、インターネットで調べてみると、

古本屋さんに本を売ってしまうのではなく、自分で本を売っている人が多数いることを知ります。

「よし、やってみよう!」

調べたことの見よう見まねで売りに出すと、1冊、2冊と売れていきます。

中には、買ってくださったお客様からも、「この本探していました。ありがとうございます。」

と感謝のお言葉をいただい方もいらっしゃいました。

「おもしろい!」

本を売ることが夢中になるのに、そんなに時間はかかりませんでした。



あれから2年。

「この年になって、これだけ熱中できるのなら、本職としてやっていきたい。」

と、今年になって会社を退職して、古本屋となる事を決意いたしました。

ただ、決意はしたものの、私には知識も経験も足りません。

そんな時に、古書組合でセミナーを開いている事を知ります。

しかも無料!(笑)

すぐに申し込みました。

セミナーが終わった後、「自分に足りない知識・経験を得るにはここしかない。」と感じ、組合に加入を決意。

現在に至る次第です。

これまでと同様、これからも日々勉強の日が続きます。

60歳と言わず、一生できる仕事にしたい。

そんな風に思っています。



最後になりますが、

このブログをご覧になられて、古書店開設に興味を持たれている方がおられれば一言。

セミナーには参加すべきだと思います。

セミナーの内容ももちろんですが、入札の会場を見るだけでも大きな刺激になるはずです。

時代の流れかとは思いますが、古書会館を自前で持っている日本の古書組合は、実はほとんどありません。

地元に古書会館がある。

それだけでも、大きなメリットですから・・・・・・・・・・・・・・(と思います。)

考える前に、是非ご参加ください。(笑)



香博堂オンライン 久保 博