あけましておめでとうございます
今回は古書店を開業する皆さんにも身近な税金消費税についてお話しさせていただきます。
消費税は取引の内容によって取り扱いが様々なのですが、国内での古書の仕入、売上には
消費税が課税されています。
消費税の表示の有無は関係ないので注意してください!(表示が無くても税込計算です)
消費税はご商売のなかで預かったり、預けたりしていますので納税の際に差引して残った金額を納税または還付といった手続きを行います。
自分が他の方に預けている消費税が多い場合は税金が還付される場合もあります。
特に店舗の大規模修繕や車両を購入したりした場合は還付の可能性があります。また消費税の申告・納税しなければならない方(納税義務者)についても細かな要件がありますのでお近くの税理士にご相談してみてください。

それではまた。


税理士法人河合会計事務所
代表社員税理士 河 合 琢 也
http://zeimu.co.jp/

古本屋の経理にかかわるご相談は下記組合メールにお送り下さい。
kanagawa-kosho@bg.wakwak.com