古本屋の始めかた:神奈川古書組合より

カテゴリ: 新人古本屋の開業アドバイス

こんにちは!ねこまんま堂(相模支部)です。
すっかり秋ですね~♪ 食欲の秋?スポーツの秋?
いえいえ、やっぱり読書の秋でしょう!!
神田古本街では、毎年恒例の「古本まつり」(10/23~11/1)が始まりましたね!!
みなさんは、もうお出かけになりましたか?
私は学生時代に良く通った古書店に行く予定です。
もちろん仕事ではなくて、趣味の専門書を探しに・・・
たまには仕事を忘れて、一人の古本好きとしてブラブラしてきたいなぁ~と思って
います。・・とは言いながらも、仕事のついでになりそうですが(笑)
 
さて、これから古本屋を始めたいと思っている皆さんは、どのような形態での開業を
お考えですか?
実店舗型、ネット専門店、専業、兼業、副業、、、
 
どんな仕事でも、新規開業には色々と不安がつきまとうものです。
仕事として成り立つのか、生活ができるレベルまで稼げるのか、収入は安定するのか、
ホントにうまくいくのかなぁ~等々・・
 
実際、私もそうでした。
元々自営業者として長年古本とは全く異なる仕事を続けてきたのですが、
ネット販売に魅力を感じ、中でも古本を扱うということに強烈な魅力を感じて、
この仕事を始めました。
とはいえ、最初は「副業」としてサブ的な感覚が強く「大して儲からなくてもいいや~
少しでも本業の足しになれば・・」などと、ちょっと甘い考えの元、始めたというのが
正直なところです。
 
けれど、3年ほど前、この考えを捨て去りました。
中途半端な気持ちでは、結局どんな仕事をしても損をするだけで、時間の無駄だと
思ったのです。
元々の業務と同じだけの時間と労力を使い、「副業」はなく「複業」として
位置づけてみよう、と。
 
そして、改めて一日のタイムスケジュールを見直してみると、意外と無駄な時間・
何もやっていない時間が多いことに気づきました。
まずは、このような時間を古本屋業務(ネット専門)に費やすことから始め、
徐々にウェイトを上げ、今では元々の業務と同程度の力を費やしています。
 
「副」であるうちは、どうしても甘えが生じます。
「別にそんなに儲からなくても・・少しでも足しになれば・・」
不思議なことに、それは仕事としての責任感も希薄になりやすく、
ミスも引き起こしやすい。
 
今、皆さんは、それぞれお仕事をお持ちの方が多いと思います。
そのお仕事が、現在の生活を支えていらっしゃる。
その仕事を続けながら新規に開業する場合、補助輪のような「副業」ではなく
車の両輪としての「複業」を、まずは目指して欲しいと思います。
 
一気に今の仕事を辞めて、新規の仕事に飛び込むのは、とても勇気のいることです。
当然のことながら開業当初は売り上げも、そうそう上がらない。
仕事が軌道に乗るまでは、それなりの時間と労力、資金も必要です。
何といっても生活を維持していかなければならない・・・
まずは、今のお仕事を続けながら、割けるだけの時間を目いっぱい使ってみて、
「複業」としての古本屋を目指してみてはいかがでしょうか。
 
最初は、車のタイヤを1本交換することから。次に2本目・・
それが、将来的には3本になり、最終的にはすべてのタイヤが古本屋の仕事に変わり、
車両本体(生活)を動かせるようになるかもしれない。。
 
私は、そんな風に考えています。
今は・・・ まだタイヤ1本分くらいですが(笑)
 

”独立するには、勢いが大事!!”

わかります。 僕がそうでしたから。

申し遅れました。神奈川古書組合 相模支部の香博堂オンラインです。

ねこさんのブログの合間に、新人古書店の独り言などつぶやいていきます。

”古本屋になろう!”と決意されたときに、古書店などにお勤めで独立される方を除きますが、もう一度じっくり考えてほしいのです。

独立するときには、”知識・資金・資本”がなければ、何の商売であれうまくいきません。

継続できないのです。

独立してすぐには売り上げもありません。しかし、生活していくにはお金がかかります。

資本として蔵書をお持ちの方は、蔵書を販売していけば売り上げに出来ますが、蔵書の少ない方は、資金を使い商品を仕入れなければ販売もできません。

当然、資本・資金がなくなれば、継続して商売を続けることはできません。

そして、”知識”です。

ここで言う知識とは、”本の知識”と”売るための知識”、販売のノウハウです。

先ほど、”古書店にお勤めで独立される方を除きますが”と書きましたが、ある程度の商品知識と販売のノウハウを学んで独立される方は、問題はないと思うのです。

他の古書店の皆さんには怒られると思うのですが、本の知識は根性である程度カバーできると思っています。(笑)

ネットで検索すれば、ある程度の内容・価格はわかってしまう時代ですから。

ただ、販売経験が少ない状態での独立は、かなり苦労することは間違いないです。

たとえば、ネット専業の古書店を考えている場合、アマゾンやヤフーオークションなどの販売サイトに出品しない限り、売り上げはありません。

1000円の本を販売した場合の利益が仮に500円の場合、月額30万円の利益を出すには、600冊の本を販売しなければなりません。

その場合、平均で1日20冊売らなければならない計算になりますが、違う意味で言えば、毎日20冊出品しなければ売るものがないのです。

実際には20冊出品して、20冊売れるわけではありませんから、もっと多く出品していかないと目標に達しない事になります。

500冊1000冊出品して、初めて目標の冊数が売れるようになるのです。

また、出品と並行して毎日最低20冊分の仕入れを行わないと、売れる物がなくなってしまいます。

この作業を独立してから始めた場合、目標とする数字のところに行くまで、かなり時間がかかります。

個人的には9月25日のナレッジさんのブログにあるように、兼業・副業で”知識・資金・資本”をためてからの独立を目指すのが無理がないのかなと思います。


次回の内容は・・・・・。わかりません。
香博堂オンライン

開業をする前に、どんな古本屋をやるのかあらためて考えてみることは大切です。「ああしたい、こうしたい」というのはおそらくイメージお持ちの人も多いと思いますが、「やりたい」と「実際にやるとして」とではギャップのあるもの。そのあたりの検討が不十分だったり曖昧だと、スタートしてから大きな見込み違いや思わぬ回り道をする、あるいは中途半端なことになりかねません。
 
そこで、「どんな古本屋をやるのか?」と題して、連載形式で開業前に検討しておいた方がいいポイントを分解整理してみたいと思います。

第1回は基本の基本。営業形態についてです。ようは実店舗を持つかどうかということなのですが、どちらにするかはその後を大きく左右するので、慎重に考えたいところです。

大きく分けて「店舗型」「無店舗型」の2種類です。

■店舗型
お店を構えるタイプです。テナントでも自宅の一部を改装するのでもOKです。無店舗型に比べると以下のような特徴があります。

・持ち込みによる買取が期待できる
 - 無店舗型では宅配買取か出張買取が基本なのですが、そのコストが不要という点は大きなメリットです。
・Amazon出品のような価格競争に巻き込まれにくい
 - お店で並んでいる商品の値段をその場でネットで調べる、という方もいるとは思いますが実際そこまで多数派ではありません。
・物理的な「場所」がある
 - 広さにもよりますが、店舗であればイベントやギャラリー的なスペースを確保することで集客を図ったり、条件を満たせばカフェのような別業種を併設することも可能です。この辺りは店舗という物理的な場所があるからこその強みでしょう。ただしカフェなどを併設する場合は全く異なる内容の仕事を同時にこなす必要があるので、特に最初のうちは一人きりだとどちらも中途半端になりかねません。最初から人を入れるか、古本屋としての仕事に慣れてから手を広げるかするのが無難ではないでしょうか。
・ともかくも値札をつけて店頭に出せば売れるかもしれない
 - ネットでもヤフオクなどで柔軟に売ることはできますが、写真を撮ったり商品情報を入力する手間を考えると、「値札をつけて置いてみる」は非常に手軽です。
・通りを行く人に対してお店自体が宣伝になる
 - 不特定多数の人に対して無料で宣伝ができる、というのは無店舗型ではなかなか難しい話です。
・無店舗型より賃料や光熱費などのランニングコスト、内装や什器などの初期コストがかかる
 -飲食店ほどではないでしょうが、やはり棚やレジ回りなどの設備も必要ですし、無店舗型に比べると立地が重要なので自然と賃料も無店舗型より高くなりがちです。
・営業時間や定休日といった縛りがある
 - やはり商売をするうえで、定休日以外の営業時間はとにかくお店を開けておくのが特に最初のうちは信用を得るうえでも非常に大切でしょう。

また、最近では店舗型でもネット販売を行っているところは少なくありません。
ただその場合、ネット出品しているものと店頭商品とで在庫管理に注意が必要ですね。
店頭商品をネット出品してもいいのですが、知らぬ間に店頭で売れていてネットでの受注時に散々探して結局キャンセル、悪い評価を頂戴する、というのは誰も幸せになりません。かといって両方を完全に分けるのもせっかくの販売チャンネルを半分にするようなものなので、もったいなくはあります。
明確な答えはありませんが、やりながら自分に合ったスタイルを見つけていく必要があるでしょう。

■無店舗型
お店を構えず、ネット専売でやっていくタイプです。事務所を借りても、自宅で営業するのでもOKです。ちなみに私の場合は当初自宅を事務所兼倉庫としていたのですが、途中で本が置ききれなくなり今は事務所を借りています。
店舗型に比べると以下のような特徴があります。

・店舗型より賃料や光熱費などのランニングコスト、内装や什器などの初期コストがかからない
 - 自宅であれば生活家賃と兼用ですし、事務所にしても店舗ほど立地などにこだわる必要がなく、什器などの設備もお店より安く抑えやすいです。ただし古本屋は結構な量と重さの本を持ち運ぶので、2階以上の場合はエレベーターがないとかなり辛いです。
・営業時間や定休日といった縛りが緩い
 - せいぜい、ネット販売なので発送作業をしないといけない、くらいでしょうか。ただし自分なりに意識していないと際限なく働いてしまったり、逆に歯止めなくサボってしまう、ということも。
・持ち込みの買取が期待できない
 - 買取をしたいなら宅配か出張買取を狙うことになります。基本的に売りたい人は検索して探すので、ネット上の大勢の他店と競うことになります。事務所の路面に看板を出し、入りやすい雰囲気で「買い取りセンター」のような形にすればまた違うでしょうが…。
・価格競争にさらされやすい
 - どこへ出品して売るにしろ、同じ商品の検索結果には他店の価格もずらりと並ぶので価格競争が起きやすいです。仮に自分のサイトであっても、よそで安く売っていないか簡単に探せるので、やはり価格比較にさらされやすいです。
・地域特性がない
 - たとえば店舗型で子育て世帯の多い新興住宅地の近くであれば、販売や買取で児童書や絵本など子供向けのものが多くなる、といったことはあります。ただネット専売の場合は商圏が特に限られないため、そういった地域特性の影響受けることはありません。これはパッと聞きメリットのようにも思えますが、「商圏に合わせた商品構成で売れやすくする」といった戦略が取れないというデメリットもあります。


と、ここまで長々と書いてきましたがどうでしょうか? たんに「お店を持つ、持たない」というだけでも色々と考えるポイントがありますね。実際、まだまだ挙げていけばここに書いたこと以外にもあるのですが、キリがないので今回はこれにて。

当連載は
ナインブリックス(http://ok9bricks.com)がお送りする予定です。


ねこまんま堂さんの連載の合間に他の組合員が古本屋経営に関る実務的アドバイス・情報提供を
して行きます。


脱サラして古本屋開業をお考えの方へ

脱サラ→開業では無く

現職→転職+開業はどうだろうか

平成28年度10月より短時間労働者への社会保険の適用が拡大されます。
現行は30時間ですが20時間/週で一定の条件を備えた企業で働くと適応となります。

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/kadai-taiou/dl/nenkin_kakudai.pdf#search='%E7%9F%AD%E6%99%82%E9%96%93+%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA'

週20時間働いて一定の収入の確保と社会保険の適用を受けながら古本屋の商売をはじめる。

古本屋の商売が軌道に乗って来た時点で専業にするのはどうですか。

大胆に起業するも慎重に起業するもあなた次第です。


株式会社BKG
(ブックナレッジ)
https://twitter.com/furuhonworm



こんにちは!ねこまんま堂(相模支部)です。
世の中、シルバーウィークの真っ只中・・
みなさんは、お休みを満喫されていますか?( 私は普通に仕事ですが )
ところで「シルバーウィーク」って、いつから命名されたのだろう??
私は、ハッピーマンデーや祝日が移動するのに未だ馴染めず、
敬老の日は9月15日、体育の日は10月10日、成人の日は1月15日・・・
とインプットされたままの、昭和ベビーブーム生まれです(^-^;
 
さて、
お勤めの方ももちろんですが、特に自営業者として暮らしていくためには、
家族の理解と協力も大切なことだと思います。
良い意味で「家族を巻き込む」
 
もちろん、多数の従業員を抱え組織化し、家庭とは切り離して完全に
ビジネス化しての業務形態も多くあることでしょう。
それは素晴らしいことだと思います。
ただ、それでも根本には、それぞれの家庭という母体があるわけで、
様々な意味に於いて、家族の支えや協力は必要ではないでしょうか。
 
私の場合で恐縮ですが、どのように家族がこの仕事に関わっているのかを
少しお話させて頂きたいと思います。
 
以前の記事でも触れましたが、私は20年前ほど前に、本とは全く関係のない
事業を、夫婦二人でゼロから立ち上げました。
個人事業から始まり、2年後に法人化・・とは言っても、本当に家族経営の
小さな会社です。
そして、3年ほど前、本格的にネット専門の古本屋を始めました。
もともとの事業と兼業という形になっています。
 
夫婦二人で始めた会社ですので、互いに協力し合い、仕事を盛り上げていくのは
もちろんですが、他の家族も巻き込んで、仕事をしています。
 
手先の器用な父(かなり高齢)は、封筒づくりと当て紙用の段ボール切り等を担当。
筒状になったクラフト用紙で、商品の大きさに合わせた様々な種類の封筒を
作ってもらっています。
若干、歪んだり斜めになっていたり・・色々ですが、それも愛嬌。
市販では手に入らないサイズもリクエストしているので、かなり重宝しています。
 
母には、店番(兼業事業)と、来店したお客さんに買い取りの宣伝等をして
もらっています。いわゆる、地元の口コミ担当。
店番をしてくれる母のおかげで、市場へ行ったり自由に外出することができますし、
持ち込みの買い取り客も増え、感謝しています。
 
我々夫婦は仕入れ業務や、出品・発送作業・経理等を分担してこなしています。
 
こんな風にして、家族みんなで、この仕事に取組んでいるワケです。
 
父も母もかなりの高齢で、通常ならばとっくに現役を引退している年齢。
けれど、二人とも自分たちの仕事にやりがいを感じてくれているみたいで、
毎日元気に生き生きと過ごしています。
それが何よりも嬉しい。。
 
私の場合は具体的に家族に仕事を手伝ってもらっていますが、こんな風に
実際的な形でなくても、精神的なフォローや、応援してもらったり、ちょっとした
手伝いをしてもらうことによって、大きな心の支えとなるのではないかと思います。
 
まずは、この仕事に対する自分の強い(熱い)想いと楽しさを、率直に家族に伝えて
いくことから始めてはいかがでしょうか。
きっと、「何か自分も手伝いたい」と思ってくれるはずです。
家族の理解と協力は本当に大切にものだと、いつも思っています。
 

このページのトップヘ