古本屋の始めかた:神奈川古書組合より

カテゴリ: セミナー感想

先日はお忙しい中、貴重なお話を聞かせていただき有難うございました。

組合や古書業界の話だけではなく、開業して利益を上げていくためには何を考え実行していく必要があるかという、商売として基本中の基本のところを改めて考える良い機会となりました。

売りたいものを売るために、売れるものを売っていく、という「こういう店にしたいという気持ち」と「ビジネス」のバランスは常に頭の中に入れておきたいと思います。

また実際の現場を見せていただきましたが、古書業界での経験がない自分には何もかも新しく、貴重な経験になりました。

様々な苦労話を伺い、好きなだけではやっていけないと痛感したこと。山積みになっている古書を目の前に胸がときめく気持ちをまた再確認できたこと。これらが何よりの収穫だったと思います。

繰り返しになりますが、貴重な体験ができました。本当にありがとうございました。

先日のセミナーは私にとって非常に有意義な時間を過ごさせていただきました。
大変感謝いたします。
一番大きいのは、ネットや書籍ではわからない「生」の現場の情報が認識できた点です。
組合入会はまだ先となりますが、大変参考になりました。
また興味のあるテーマでしたら参加していきたいと考えています。

本当にありがとうございました。

男性 

専業での古書店開業を目指しております。
ネットや書籍等での情報収集には限界を感じていたところセミナーを知り、参加させていただきました。

今回のテーマは、必ずしも私の状況とマッチしているわけではない部分もありましたが、
いかにして日々販路拡大に取り組まれているのか、商売とは何か、という観点で大変勉強になりました。

組合の活動についても、市の会場見学とあわせて興味深いお話しがたくさん伺えました。
また、素人の質問にも丁寧にお答えいただき、心より御礼申し上げます。

何より、自分から動かなければ何も始まらないということがよくわかり、私にとって大変有意義なセミナーでした。
さっそく、これからの活動に生かしていきたいと存じます。

テーマによってはまた参加させていただくこともあるかと存じます。その際はどうぞよろしくお願いいたします。

(男性) 

6月度のセミナーに参加させて頂きました。ネットでの販売を兼業の形で始めているものですが、様々な形で取り組まれている業界の方から直接お話しを聞く大 変貴重な機会となりました。古書組合の意義や業界そのものに持っていた疑問にも、大変分かりやすく、丁寧にお答え頂き、疑問がかなり氷解いたしました。ま た、「市」の会場見学も大変貴重な体験に感じるとともに、「市」がとても魅力的に感じました。やや時間がかかるかもしませんが、組合加入をさらに前向きに 検討してみようという気持ちになりました。また、参加させて頂きたいと思います。ありがとうございました。(K・男性)

IMG_0470
IMG_0468
先日は有意義なセミナーに参加させていただき
誠にありがとうございます。
様々なスタイルで活躍されている方のお話を伺い、
可能性の大きさを実感いたしました。
特に市の会場の見学はとても興味深いものでした。
また機会がございましたらセミナーにも是非参加させていただきたく存じます。この度はありがとうございました。
Tさん(男性)

先日のセミナーに参加させていただいたHです
貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。私は現在会社勤めですが、将来的に実店舗での開業を目指しております。古本屋を始めるにあたって、市場での仕入れや、即売会などの販売、相場の研修など、組合に加入するメリットは大きいと感じました。また、どのような商品をアマゾンや日本の古本屋に出品するか、その際にどのように値付けをするか、お話してくださった店主さんごとにいろいろな考え方が聞けて大変勉強になりました。そういったことを考え、工夫していくことも、古本屋さんの仕事の面白さの一つなのかなと思いました。来月のセミナーもぜひ参加させていただきたいと思っております。よろしくお願いします。
Hさん(男性)


先日は古書セミナーありがとうございました。
大変為になりました。特にテーマの「値付け」に関して、さまざまな考えがあることがわかりました。しかし、底流にある考えは皆様同じであるように思えました。私は、最終的には「古本屋で生計を成り立たせていけるか」というのが、最大の焦点にはなります。神保町や早稲田を歩きますと、昔古本屋だったところが、飲食店に変わっているところが、いっぱいあります。かと思うとアート系(画集、写真集、ファッション雑誌等)古本屋があっちこっちに出来ています。古本業界の将来性は?どうなんだろうかと思います。開業するにしても来年になるかと思いますが、その間、いろいろ勉強して行きたいと思います。宜しくお願い致します。
Iさん(男性)

このページのトップヘ